スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • スポンサーサイト
  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • http://twgd.jugem.jp/?eid=

プレステ3ソフト:仮面ライダー バトライド・ウォー

バンダイナムコゲームス
発売日: 2013/5/23
続きを読む >>

アニメ「プリキュア」シリーズ10年目。時代に即応、かっこいい女子は永遠

JUGEMテーマ:プリキュアシリーズ全般

【プリキュア】10年目 時代に即応、かっこいい女子は永遠

2ch http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1371639018/引用

1 : 【北陸電 76.0 %】 @関電φ ★:2013/06/19(水) 19:50:18.90 P

テレビ朝日系で日曜午前8時半から放送されているアニメ「プリキュア」シリーズが、今年で放送10年目を迎えた。毎年登場人物や設定を一新する一方、「かっこいい女子」を描く姿勢は一貫し、ダンスなど時代の流行も取り入れてきた。
今年からプロデューサーを務める東映アニメーションの柴田宏明さんは「女子がこうなりたいと思うヒロイン像の追求と、毎年テーマなどを変える挑戦が受け入れられていると思う」と語る。

シリーズに共通するのは、女子中学生が特殊な力を使えるプリキュアに変身し、仲間と協力して悪と戦うというストーリー。平成16年の放送開始から、ほぼ毎年ごとに主人公や舞台設定が変わっている。
関連商品も多く、これまでの各シリーズごとに約1千点。おもちゃや文房具から、保冷剤やトイレットペーパーといった生活用品まで“一大市場”を作り上げている。

「歴代のプリキュアで必ず描かれてきたのは、女子のかっこよさ」。柴田さんは、4〜9年に放送されたアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズと比較した上で、「セーラームーンの場合、ピンチで『タキシード仮面』が助けに来てくれたが、
プリキュアは女子たちが悩みながら協力して問題を解決していく。共感と、女子がかっこよくバトルをする爽快感が魅力的なのでは」と話す。

長期シリーズだが、時代の趣向も積極的に取り入れる。21年からの4作でプロデューサーを務めた梅沢淳稔さんは、同年の「フレッシュプリキュア!」で「ダンス」をテーマに取り上げた。
女子が好きなものを独自調査した結果、「ピンク」「お姫さま」など基本的には十年前と変わらないものの、唯一異なる要素がダンスだったためだ。

「昔は女子にとってダンスは身近ではなかったが、近年のアイドル人気で『かっこいい』と思われるようになった」。振付師の前田健さんの指導が入るなど、「アニメキャラと一緒のダンスを踊れるよう細部までこだわった」と振り返る。

今年2月に始まった「ドキドキ!プリキュア」では、プリキュアの1人がアイドルという設定に。スマートフォンのアプリを利用してプリキュアと写真を撮ることができるサービスも新たに始めた。
柴田さんは「視聴者に驚いてもらえるような作品を作り続けたい。目指すは『祖母と孫が一緒に見られるアニメ』です」と語った。

ソース:msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130618/ent13061807490004-n1.htm

続きを読む >>
  • アニメ「プリキュア」シリーズ10年目。時代に即応、かっこいい女子は永遠
  • 2013.06.20 Thursday
  • テレビ・映画・アニメ等
  • http://twgd.jugem.jp/?eid=140

| 1/1PAGES |